データにアクセスできない、見えない場合のデータ復旧はデータリカバリセンター

データが見えない、開かない原因の一つはHDDの不良セクター


ファイル(フォルダ)が見えない・開かない


ファイル(フォルダ)が突然見えなくなった、クリックしても開かない、もしくは、開いたファイルの内容が文字化けなどで破損している場合があります。

原因としてはファイルシステム情報(データの種類・容量・場所などに関する情報)が損傷されているか、ファイルそのもの破損されている場合です。

コンピューターは、ディレクトリエントリとFATの情報を経て、データ領域にデータを記録します。その為、ディレクトリエントリやFAT情報が破損されている場合は、データ領域にデータがまだ残っている状態です。

このような、ファイルシステム(Filesystem)エラーやファイル損傷される原因としてはウイルス感染、不良セクタの発生などがあります。 ファイルシステム情報が損傷されている際には、損傷されている情報を修復し、その情報に基づきデータ構造の復元を行いデータを取り出します。

また、ハードディスクに不良セクターが発生しファイルが開かない・見えない場合もあります。不良セクターは物理的な障害でもありますので、この場合、パソコンの電源を速やかに切り、障害を悪化させないようにしてください。

ウイルス感染が損傷の原因だった場合は、ウイルスを取り除きデータを復旧・復元します。 また、損傷メディアが外付けHDD・USBメモリなどだった場合パソコンにも感染の疑いがあるため、パソコンをご使用の際には注意が必要です。


※注意事項
・ウイルス感染の疑いがある場合、ウイルス退治を行わずそのままメディアをお送りください。
・データの復旧のためには、OS復元・リカバリー・スキャンディスク・デフラグは絶対に行わないでください。

データ復旧お問い合わせ

初期診断<無料>! 今すぐ復旧を申し込む