パソコン画面がブルースクリーンになり動かない場合のデータ復旧・復元ならデータリカバリセンターへ

ブルースクリーンは、HDDの不良セクターが原因であるものが多くあります


ブルースクリーン

パソコン画面が青くなり(ブルースクリーン)になり動かない


 

Blue_Screenブルースクリーン(Blue Screen of Death, BSoD)とはMicrosoft Windowsシステムにおいて、重大なエラーが生じ、致命的なダメージを負う可能性のある状態になった際にパソコンの画面全体にブルースクリーンは表示され白い英文字でメッセージが表示されることをいいます。

原因としては、Windowsが必要とするファイルやレジストリデータのエラー、破損によるソフト的な原因とハードディスクトラブル(不良セクター発生など)によるハード的な原因があります。

ブルースクリーンの場合、ハードディスクのデータを失うまたは、システム自体が使えなくなることもます。

OSの再インストールや、ハードディスクを交換しなければパソコンを使うことができない場合がありますが、OSの再インストール作業前や交換した元のハードディスクからデータを復旧することは可能ですのでご相談ください。

データ復旧お問い合わせ

 

初期診断<無料>! 今すぐ復旧を申し込む